雑記

ビルメンブログの未来について

投稿日:

長らくブログの更新が途絶えてしまいました。

理由はいろいろと考えられます。

1 試験勉強が忙しかった

2 プライベートが忙しかった

3 仕事が忙しかった

4 ブログの存在意義について考えすぎた

こんなところでしょうか。

とにかく、この半年くらい、いろんなことが忙しかったですね。

Twitterの方でも少し触れましたが、社内試験に合格して職能等級が上がったことによって、仕事の量が増えました。

あまり深くは触れませんが、プライベートでもいろいろなことがありまして、忙しくなりました。

そんな中でも、ビルメンたるもの資格試験の受験からは逃れられない(と自分に言い聞かせている)ので、資格の勉強もしなければならない。

という感じで、ブログを更新する時間はほとんどありませんでした。

これに加えて、このブログってなんのためにあるんだろうと考えすぎたことも原因の一つでしたね。

ありていに言うと、このブログは副業収入を得るために始めたものです。

前職のオーバーワークでうつ状態になって退職→次はとにかく楽な仕事がしたい!→ビルメンという楽な仕事があるらしい→ビルメンに転職する→給料少なすぎじゃね?→副業でブログを始めて少ない給料を補填しよう

という思考回路です。

そこで、ネットを駆使してブログで副業収入を得る方法を調べまくりました。

その結果、読者の悩みを解決する記事を書くとか、ペルソナを決めるだとか、昔の自分に向けて記事を書くとか、毎日更新するとか、大勢に向けてではなく一人に向けて書く、etc・・・ただ書くだけではなく、様々なルールに従って書かなければ、多くの人に読んでもらうことは難しいということがわかりました。

その為、「ビルメン初心者や、ビルメン転職を検討している人の悩みを解決できるブログ」を目指して、様々な記事を作成してきました。

しかし、記事を作成するのに費やした時間と、ブログから発生する収益を天秤にかけたときに、時給換算で数十円にしかならないことに気づきました。

ブログで収入を得るということは簡単なことではないという覚悟はありましたが、やはり改めて時給換算してみると、一度方向性について考え直した方がいいなと思ったのです。

これに加えて、ブログ開始時の「ビルメンってこんなに給料少ないの!?」という状態から、現在は脱却しており、副業で収入を底上げする必要性をそこまで感じなくなってきたことも、ブログ更新のモチベーションが低下した要因の一つです。

ビルメン転職後、帰宅後はブログ更新と並行して資格学習を継続し、危険物乙4、消防設備士乙6、第二種電気工事士、簿記三級、電験三種、2級管工事施工管理技士補、2級電気工事施工管理技士補と取得してきました。

その結果、正社員に転籍し、社内試験にも合格し、手取り収入は約2倍になりました。

前職の大企業時代には及びませんが、もう少し努力を続ければ、その水準まで年収を戻せるところまで来ています。

そうなると、資格の勉強時間を削ってブログを更新するよりも、その時間を資格学習やビルメンテナンスに関する学習に充てた方がコスパが良いんじゃないかと考えるようになりました。

だけど、僕はビルメンに転職して、うつ状態から回復した経験から、ビルメンテナンスという職業について多くの人に知ってもらいたいという思いもあります。

むしろ、ブログ更新の目的が年収の底上げ云々よりも「自分の思いを伝えたい」というものに変わりつつあります。

わかりやすい記事を書いて、多くの人に読んでもらうことは大事なことですが、それを意識するあまり記事を作成することができなくては、意味がありません。

100点を目指して0点になるよりは、最初から50点を目指して結果的に60点でしたとか40点でしたの方がマシだと思ったんです。

そこで、今後の方向性として、日々の業務を通して感じたことの中から、なるべくビルメンに興味がある方に需要のありそうなテーマに絞って、あまり記事の構成とかにはこだわり過ぎずに、ざっくばらんに書いていくスタイルに変更していこうかと考えています。

1記事の作成に費やす時間をなるべく短くして、記事の本数を増やすことも心がけます。

SEOを意識して、検索からたどり着いていただくというよりは、なるべく更新頻度を増やして、新聞とか週刊誌とかネットニュースみたいに、「暇だしビルメンブログでも読むか〜」みたいな存在を目指していきたいなと、ぼんやり考えています。

とまあ着地点のよくわからないぼやけた記事になってしまいましたが、今後もこのような記事が増えると思いますので、温かい目で見守ってやってください。

スポンサーリンク



-雑記

Copyright© ビルメンブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.