家電製品アドバイザー 資格▾

家電製品アドバイザー試験に一週間で一発合格した勉強方法

更新日:


こんにちは。おがゆー(@ogawayuji1)です。

2017年5月に家電製品アドバイザー試験(生活家電)に一発で合格しました。


ちなみに、合格までの勉強期間は一週間です。

この記事では「短期間の勉強で確実に合格したい」という方に向けて、詳しい方法を解説していきます。


この記事を読んで欲しい人

☑ 家電製品アドバイザー試験に一発で合格したい

☑ 具体的な勉強方法やモチベーションを維持するテクニックが知りたい

☑ 勉強を習慣化して焦らず計画どおりに進めたい

勉強方法

過去問ドリル作戦

家電製品アドバイザーは過去問ドリル作戦で合格できます。

過去問ドリル作戦とは、その名のとおり、ひたすら過去問を解きまくる作戦です。

そんな適当な作戦で大丈夫なんですか?

こんな声が聞こえてきそうですが、大丈夫です。問題ありません。

その理由を説明していきますね。

まず、家電製品アドバイザー試験には、以下の3つの特徴があります。


過去問題がほぼそのまま出題される

②基準点を上回れば合格できる絶対評価である

③過去平均30%以上の合格率

これを言い換えると、こういうことになります。↓


①過去問を繰り返し解く(ドリルする)ことで、頻出問題で確実に得点を稼げるようになり、合格基準140点に到達できる

②合格基準140点に到達できれば、他の受験者の点数に影響を受けずに合格できる

③合格率が安定しているため、ある年にいきなり難化する可能性が低い

そのため、過去問題をひたすら解いていれば、そのうち合格できる知識が身に付き合格できるという訳です。

おすすめの問題集

僕が使った問題集は、「家電製品アドバイザー試験 全問題集・解答集」です。

過去4回分の過去問と割と丁寧な解説がセットになっています。

この記事では、この問題集の使用を前提に勉強方法を解説していきますが、他の問題集でも十分応用が利くようにまとめています。

そのため、すでに別の問題集を持っている人も、気にせずに読み進めてください。

具体的な過去問ドリルの方法

ここから、具体的な問題の解き進め方に入ります。

まずは1周目のやり方。


① 問題文を読む

② 選択肢を読む

③ 「これかなー」と直感で答えを選ぶ

④ 答えを見る

ここで、なぜその答えになるのか、解説まで軽く読みます。

あまり深く考える必要はありません。

いきなり100%の力で挑むと、必ず途中で心が折れますので、軽~い気持ちで解説を読んでください。

そうすると、勉強を継続しやすいです。

1問ずつ正誤を記録しながら解き進めて、1回分が終わったら得点を計算しましょう。

そして、この1回分を100点が取れるまで繰り返します。

100点が取れたら、2回目に入ります。

全部で4回分ありますから、これを4回繰り返して終わりです。

問題集を破壊!

この問題集には一つだけデメリットがあります。

それは、問題ページと解説ページが離れていることです。

「ある問題の解説が100ページ先に書いてある」と言ったら分かりやすいでしょうか。

とにかく、「問題を解く→解説を見る」という過去問ドリルの基本動作が、とってもやりづらいんです。

そこで僕は、こう考えました。

問題集を破壊すればいいじゃん!

問題と解説の境目をカッターで切断し、問題冊子と解説冊子の2冊に分解するのです。

破壊した問題集は後輩に譲ってしまって手元に残っていないので、代わりに他の資格の参考書を破壊したものをお見せしますね!

勉強期間

「過去4回分の過去問で100点を取れたら勉強終了」といっても、人によって1日あたりの勉強時間は異なってきますよね。

そのため、一概には言えませんが、1カ月あれば割と余裕を持って対策ができると思います。

僕の場合は、仕事が忙しい時期と試験日程が重なってしまって、直前の1週間しか勉強時間が確保できませんでした。

食事・睡眠・風呂等、生活に必要な行動以外は、すべての時間を勉強に使いました。

結果的に合格できたから良かったものの、やっぱり焦りながら勉強するのはよくないと感じました。


・なるべく早めに勉強を始めること

・少しずつでも良いので必ず毎日勉強すること

が重要です。

ここからは、毎日勉強を継続するコツについて、具体的なテクニックを交えて解説していきます。

勉強を継続するためのテクニック

勉強を始めたばかりの頃はやる気がありますが、何日か経ってくると必ず勉強したくない日が訪れます。

これは断言できますが、勉強開始から試験本番まで、温泉のようにモチベーションが湧き続けて、何の困難もなく勉強を継続できる人は99%いません。

僕もその一人です。

そこで、ここからは、勉強を毎日継続するテクニックを紹介します。

ポモドーロテクニック

ポモドーロテクニックとは「25分勉強して5分休憩する」という手法です。

簡単なことですが、これだけで、勉強の続けやすさが一気に高まります。

第三種電気主任技術者試験(合格率8~9%)に合格した際にも、このテクニックがかなり役に立ちました。

うまくいけば、休日の朝8時から勉強を開始して、夜の20時まで続けることも可能です。

なぜそんなことができるのかというと、「疲れる前に休む」からです。

一般的には、「過去問1回分解いたら休憩しよう」のように、量を基準にして勉強時間を決めてしまいます。

でも、それだと、途中疲れてきても、1回分終わるまで無理して勉強を続けるので、脳に負担がかかるんですね。

そうすると、だんだん体力ゲージが削られてモチベーションがなくなり、

もう、今日は勉強するのをやめておこう

と楽な方へ逃げる思考になるのです。

ポモドーロテクニックは勉強時間を単純に一定の時間で区切るので、ほぼ確実に疲れる前に休憩ができます。

たとえ、「あと10秒でこの問題を解き終わる!」って時でも、そこで25分経過してタイマーが鳴ったら、強制的にペンを置いて、強制的に休みます。

すると、「まだ勉強したい!」という思いが残ります。

TVの途中でCMが入ると続きが気になるように、5分の休憩が終わったら、勉強がしたくてたまらない状態です。

これで次の25分がスムーズに始まります。この繰り返しです。

時間を測る方法はキッチンタイマーがオススメです。

スマホだと勉強を邪魔する誘惑がいっぱいなので、極力触らないようにしましょう。

僕が使っているタイマーはこちらです。

サイレント機能を使うと光でお知らせしてくれるので、図書館やカフェ等でも使用できて、超おすすめです。


ちなみに…「ポモドーロ」っていうのは、このテクニックの開発者が使用していたキッチンタイマーがトマトの形をしており、トマトのことをイタリア語でポモドーロと言うことに由来するそうです。(無駄知識)

アクティブラーニング

アクティブ、つまり能動的に学習することです。

「そんなの当たり前じゃん」って思うかもしれませんが、これは出来ていない人が多いうえに、かなり重要な考え方です。

家電製品アドバイザーは過去問ドリルだけで合格ラインに到達できるため、過去問学習と関連付けて説明していきますね。

「すぐに答えを見る」より「思い出そうとする」

過去問1周目は、すぐに答えを見てもいいです。

ただ、2周目からは、既に1周目で答えを見てますから、その答えを思い出そうとしながら、問題を解いてください。

「えーと、なんだったけ」と思い出そうとすることで記憶の定着が深まります。

「丸暗記」よりも「噛み砕き暗記」

回答の解説文を丸暗記するよりも、自分の言葉に言い換えることで覚えやすくなります。

自分の言葉に言い換えられない=しっかりと理解できていないという指標にもなります。

「なるほど!」より「なぜ?」

冷蔵庫は蒸発熱を使っていて、熱の利用方法は圧縮式と。なるほど!じゃあ次の問題に…

こんなふうに、「なるほど~」となんとなく問題を解き進めるのは良くないです。

例えば、冷蔵庫の基本的な仕組みを問う問題で、「冷蔵庫は蒸発熱を利用しており、熱の利用方法は圧縮式である」という答えがあったとします。

ここで、「蒸発熱ってなんだろう?」「圧縮式ってどういう仕組み?」のように、答えに疑問を持つことがすごく重要です。

よく分からない単語があったらネットで調べて、できれば写真やイラストで視覚的に理解しましょう。

文字だけで覚えるよりも、頭の中でイメージできるほうが、試験本番で記憶を引き出しやすくなります。

スキマ時間×ミニクイズ

過去問ドリルで回数を重ねても、何度も間違える問題が必ず現れます。

そんな時は、単語帳を買ってミニクイズを作りましょう。

表に問題、裏に答えを書きます。

自分さえ理解できれば良いので適当な作りでOKです。

ミニクイズを作ったら、スキマ時間に復習します。

通勤時間・昼休み・寝る前など、意外とスキマ時間が潜んでいますので、活用していきましょう。

脳は覚えることよりも忘れることが得意です。

そのため、何度も間違えるような問題というのは、脳が「この情報は生きていくうえで不要な情報だ」と判断しており、覚えられないのです。

ミニクイズにより、反復学習することで、脳に「あれ?何回もインプットされるから、これは必要な情報かも!」と錯覚させることができます。

まとめ

というわけで、家電製品アドバイザー試験に1週間で合格した勉強方法について解説しました。

簡単にまとめると、こんな感じです。


過去問ドリル作戦のみで攻略可能

・1回分を100点が取れるまで使い潰し、次の回へ

・問題集は思い切って破壊しよう!

・25分勉強したら、必ず5分休憩する

「えーとなんだったっけ」と思い出そうとしながら解く

・自分の言葉に置き換えて記憶する

・回答を鵜呑みにせず、疑問を持つ

ミニクイズで苦手を潰し合格を更に確実なものへ

2周目、3周目でも間違えてしまった問題を毎日の「反復学習」でしっかりと記憶するのがポイントです。

知識の穴をなくすことで、本番でミスする確率を下げることができますので、合格に近づきます。

また、「なぜ家電製品アドバイザーに合格したいのか?」という目的を明確にすることで、モチベーションを維持しやすくなります。

「社内で昇格できる」「資格手当が貰える」等、なんでも良いので、目的をはっきりさせてから勉強を始めるのがおすすめですよ。

それでは!

スポンサーリンク



-家電製品アドバイザー, 資格▾

Copyright© ビルメンブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.